金属プレス加工事業部

高品質・短納期への対応は不可欠である現状の中、当社では多ロットとなる順送後の仕上げ加工、小ロットで工程数が多くなる複合曲げ品や絞りモノ等への対応に備え、社内外の協力なネットワーク体制でもって生産・管理体制に力を入れております。

金属プレス加工について

プレス加工とは、同じ形のものを、たくさん作るのに適した加工です。大量にものが作れるので生産価格が安くなります。プレス加工機は主に金属の板や棒を、抜いたり、曲げたり、穴を開けりと色々な成形加工ができます。生産数や求められる精度によって順送型(自動送り)や単発加工型と加工方法を選拓できます。

1.単発型(たんぱつがた)
単発型とは、抜き、曲げなどの工程のうち、単独の工程で用いる金型のことで、「単型」とも呼ばれます。単発型1つだけで完結する加工を「単発プレス」といいます。
2.順送型(じゅんそうがた)
順送型とは、抜き、曲げなどの工程を、1つの型内に等ピッチで順番に配置した金型です。材料は長いコイル材を使用します。レベラーを通して巻癖や歪み(ひずみ)を除去してから送り装置によって、プレス機械1回転ごとに1ピッチ分のコイル材を送って、次の工程へ“順送り”していきます。材料を“順送り”することから順送型と呼ばれるようになりました。順送型による加工を「順送プレス」といいます。
ダミー
ダミー

プレス曲げ(曲げ加工)

曲げ加工とは金属金属の板材をパンチ(上側の金型)とダイ(下側の金型)で挟み込み、所定の形状に曲げる技法です。
曲げ加工には、「V曲げ加工」と「箱曲げ加工」「カール巻き曲げ」があります。

1.Ⅴ曲げ
V形状のパンチとダイで挟みこむ角度曲げです。

V曲げ01

V曲げ02

V曲げ03

2.箱曲げ
面の2~4面を曲げて弁当箱のような箱に曲げる加工です。表面にRがでてきれいに仕上がります。

箱曲げ01

箱曲げ02

箱曲げ03

3.カール巻き曲げ
蝶番の軸等のホールド部の巻曲げです。

カール巻き曲げ01

カール巻き曲げ02

プレス穴開け(抜き加工)

穴明け加工とは金属の板に専用の金型を用いて穴を明けていく加工です。
穴の形状は丸や四角や異形な形の金型によって明けていきます。

プレス穴開け01

プレス穴開け02

プレス穴開け03

プレス穴開け03

絞り加工

絞り加工とはパンチ(上側の金型)により金属板をダイ(下側の金型)に流動させ継ぎ目なしの中空容器を作る加工です。

絞り加工01

絞り加工02

絞り加工03

下記は単発型の絞り加工の一例です。クリックで画像拡大しますのでご参考にしていただけましたら幸いです。